せんべいの楽しみ

人気があるせんべい


みなさんにもお気に入りの「せんべい」があると思います。
人気があるものが必ずしも好きとは限りませんが、店頭などで「女性に大人気!」とか「店内で一番人気!」などの表示があると、買ってみようという気になります。

ここでは人気の高い「せんべい」をページ紹介とともに公開していきましょう!

目次

定番の「せんべい」・その1

定番の「せんべい」・その2

有名な「せんべい」

定番の「せんべい」・その1

このページでは、醤油(しょうゆ)、ざらめ(砂糖)、ゴマ、それから揚げたものといった、ごくありふれた定番の「せんべい」を紹介しています。

醤油せんべい

私個人の中では、「醤油せんべい」はダントツトップです!みなさんの中でもシンプルな、この煎餅が好きな人って多いと思います。同じ醤油味でも堅さによって、違う感じが楽しめますよ。「せんべい」の味の決め手はたまり醤油なんですよ。

ざらめせんべい

「ざらめせんべい」は女性から多く支持されているのが特徴的です。これは醤油の煎餅に 「ざらめ」がかかっているのが一般的で、醤油と砂糖の味がうまく調和されています。甘いので、子供も喜びますよね♪独特の食感が魅力の一品です!

揚げせんべい

サクサクかる〜い「揚げせんべい」も人気ですよね。おつまみとして、お父さんたちにも好まれているのではないでしょうか。味付けは塩だけものをおすすめします!ほか、歯ざわりの秘密についてもお教えしますので、ぜひご覧ください。

ゴマせんべい

栄養たっぷりのゴマが入った「ゴマせんべい」も老若男女問わず根強い人気があります。これもあっさりタイプの「せんべい」で、飽きのこないおいしさです!普段あまりゴマを食べる習慣がない人も「せんべい」でゴマのパワーを実感してみませんか?

定番の「せんべい」・その1の詳細はこちら

定番の「せんべい」・その2

このページではピーナッツ、味噌、えび、唐辛子など定番だけれども、もしかしたら好き嫌いがはっきり分かれてしまうかもしれない、そんな「せんべい」を紹介しています。

ピーナッツせんべい

いきなり余談ですが、私の叔母は電話してくるとたまに電話口でボリボリと「ピーナッツせんべい」を食べています。この「せんべい」は一枚食べたら止まりませんよね。クッキーのような味わいも人気の理由の一つかもしれません。ピーナッツの豊富な栄養についても説明しています。

味噌せんべい

半月形が特徴的な「味噌せんべい」をあまり見かけなくなったと思うのは私たけでしょうか?この機会にもう一度、思い出してみてくださいね。ほかに「ネギ味噌せんべい」も紹介しています。これらの味の決め手となる味噌に関する情報もありますよ!

えびせんべい

見た目もキレイな「えびせんべい」は磯の香りあふれる一品です。新鮮な小エビがふんだんに使われているこの煎餅。ほかの煎餅を食べて口の中がしょっぱくなったり、甘くなりすぎたときに食べると箸休めのような感じになっていいですよ♪

唐辛子せんべい

かなり個性的な「唐辛子せんべい」は大人向けと言えるでしょう。辛さのレベルも色々あるので自分にあったものを見つけるといいでしょう。試食が可能なら、してから買うことをおすすめします。小さなお子さんには食べさせないように気をつけてくださいね。

定番のせんべい その2の詳細はこちら

有名な「せんべい」

このページでは「草加せんべい」、「南部せんべい」、「ぬれせんべい」、「炭酸せんべい」、「八ッ橋」などの全国的に有名な「せんべい」を紹介しています。

草加せんべい

煎餅の元祖ともいえるのが、この「草加せんべい」です。歴史や作り方など「草加せんべい」の情報が盛りだくさん!なかでも有名な「お仙ばあさんの伝説」は必見ですよ。この煎餅が誕生したキッカケがココにあります。

南部せんべい

東北地方を中心に有名な「南部せんべい」の特徴は「みみ」ですよね。何のことか分からない人は要チェックですよ!今は、味の種類も豊富になりました。お気に入りの一枚を見つけてくださいね♪

ぬれせんべい

「ぬれせんべい」ほど特徴的な煎餅はないでしょう。食べたことがない人には、ぜひとも体験してほしい味ですね!歴史や種類のほかに、発祥の地・千葉県の銚子市についても紹介しています。

炭酸せんべい

兵庫県の有馬温泉が発祥の「炭酸せんべい」は、普通の煎餅とはガラリと変わって洋風です。若い世代にも親しみやすいのではないでしょうか。「炭酸せんべい」がどうやって生まれたのか、また有馬温泉のことが詳しくわかりますよ。

八ッ橋

京都名物の「八ッ橋」も「せんべい」の一種なんですよ。「生八ッ橋」が有名になっていますが、もとはあのカリカリ「八ッ橋」のほうが元祖です。あのような形になった由来などを紹介しています。ニッキの風味がクセになります!

有名な「せんべい」の詳細はこちら

ページの上に戻る